お気楽To Be日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 米だけのやさしい思いやり(小山本家酒造)

<<   作成日時 : 2007/12/28 10:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

また新しい日本酒を探してきました。

画像


2000mlで、925円でした。(ベイシアです)

初めて飲んだときは、「昔の日本酒の味!」って感じでしたが、慣れてくると悪くはありませんでした。(それでも「白鶴○純米」の方が、まだ○です」)

でも、ここで気になったのがパッケージのこの表現です。

画像


「米だけのお酒」と「純米酒」って違うの!?

って思いません?

そこで、ネットで検索して一番分りやすかったものを紹介します。

「純米酒」は確かに米だけで造ったお酒なのですが,「米だけで造ったお酒」が必ずしも「純米酒」とは限りません。

ちょっとややこしいのですが,「純米酒」は酒造法で「酒造好適米を70%以下まで精米し,米・米麹・水だけで製造したもの」と定められています。

 ですから酒造好適米でない米をほんのわずかしか精米せず使用していたら「純米酒」とは表示できないのです。

仕込む場合も普通は米を蒸し,搾った後は酒粕が残ります。これをもったいないと思ったのでしょう。

「米だけの酒」は、米をドロドロに溶かして今まで酒粕となっていた分もお酒に変えてしまいました。(液化仕込み)

 米の表面付近にはタンパク質が多く含まれており,食用米では旨味成分になっても酒米では雑味の元になりますので、より精米しなければなりません。

 又,米の中心部分を溶かして雑味のない酒にし,外側の部分を酒粕として残すというちゃんとした理由があるのです。

【おいしいお酒の選び方】より引用させていただきました。

「米100%」でも純米酒じゃないってことには、驚きましたが、「発泡酒」や「第3のビール」を普段飲んでいるmarutoですから、値段が安くておいしく飲めれば「ありだな」って思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり純米酒とは違いますか?
なんか想像つきません。
昔のお酒っぽいっていうと、もろ「日本酒」の風味なのかなあ????
nodoka
2007/12/28 10:57
nodokaさん、この値段なら許容範囲ですよ。
この頃純米酒にこだわっているのは、「醸造用アルコール」というのに違和感を感じるからなんですよ。nodokaさんのいう日本酒の風味ってそれなのかもしれませんね。
maruto
2007/12/28 12:36
QUOカードが当たっていれば
評価は違っていたのかなと
思ったのは
プタラーだけ
(´艸`)ムププ
プタラー
2007/12/28 17:59
プタラーさん、そうですね。
QUOカードが当たっていれば、もう1本買ったでしょうね。(笑)
maruto
2007/12/28 21:07
お正月は日本酒ですか?
私は相変わらずお酒はNGです。
でも、ちょっとは飲もうかな?
おかん
2007/12/28 22:26
おかんさん、年末年始は、ちょっと高めの純米酒にしようかななんて考えていますよ。
おかんさんもちょっとだけ飲むならある程度のもの(一升瓶で2500円程度の純米酒)を選んだほうがいいですよ。日本酒観が変わるかも?
maruto
2007/12/28 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
米だけのやさしい思いやり(小山本家酒造) お気楽To Be日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる