お気楽To Be日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊豆 キャンプ場 河津七滝オートキャンプ場

<<   作成日時 : 2013/04/03 23:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

キャンプ場について、もう少し詳しく紹介します。


画像



キャンプ場の入り口のイノシシの子供が人気でした。


画像


画像


画像



今回借りたバンガローは、すぐ横を川が流れ、

「雨?」って思うくらい、川の音が聞こえました。

「せせらぎ」っていう感じではありませんが、苦にもなりませんでした。

※流し(水道)がついているのが、便利でした。


苦になったのは、床の硬さと寒さです。(苦笑)


冬や春には、銀マットや暖房器具を持参するのがお勧めです。

暖房器具を持っていかなかったので、

「エマージェンシーブランケット」(アルミ ブランケット)を

寝袋の間に敷いて寝ました。


ちなみに、1棟7000円(6人用)です。


この時期は、テントサイトにライダー(バイク乗り)の

方たちがけっこう泊まっていました。


オフシーズンですが、キャンパーが24時間無料で入れる

かけ流しの露天風呂があるのが魅力なのかもしれません。


ただし、露天風呂では、石鹸やシャンプーは使えません。

併設のコインシャワーではOKということでした。


隣を流れる萩ノ入川は、蛍が棲む清流なのだそうです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
不思議と自然の水の音は多少大きくても苦にならないですよね。
こちらでは温泉は至る所にあるので、近場に車中泊できるスペースがあればOKだから、気持よく過ごせる場所が多いです。
コテージはテントや車中泊よりゆったりできて贅沢寒があっていいですよね。
GW、夏前にどっかでゆっくりするのもいいな〜。
nodoka
2013/04/05 20:01
自然の音って、耳に慣れるとなんでもなくなりますよね。
人工音とか人の話し声は耳についちゃうのに。
やはり4月になっても寒さ対策は大事ですか。
キャンプのときは『要らないかも?』と思っても防寒具は多めに持っていく方が良いのですね。
青井つかさ
2013/04/05 21:08
nodokaさん、車中泊でもキャンプでも、
いけるうちに行っておくのがいいですね。
maruto
2013/04/05 23:17
つかささん、暑さや寒さを感じるのも
キャンプらしさかもしれません。(苦笑)
快適さに慣れちゃっていますから。
maruto
2013/04/05 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊豆 キャンプ場 河津七滝オートキャンプ場 お気楽To Be日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる