とどめは、これでした。

相変わらず、「咳」の話です。(苦笑)


「活蔘28」を飲んで、だいぶ咳が収まってきたのですが、

それでも喉が荒れている感じや咳がまだまだ残っていたので、

市販薬を買ってきました。


「活蔘28」を買ったのとは、違う薬局です。

(この薬局では、「活蔘28」を扱っていません)


薬剤師のおじさんに、薦められたのがこれです。


画像



「銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)エキス細粒」(ロート製薬)です。


これは、かなり効き目を実感できました。


初日から、のどの荒れた感じや咳がかなり取れました。

これは、「あり」だと思いました。(「とどめ」と認定してもいいと思っています)


今では、咳が出続けて辛いということはありませんが、

「咳が出なくなった」という状態までは、いっていません。


「薬」を飲むほどではないかも…という感じなので、

「銀翹解毒散エキス細粒」を飲み切っていないというのもあるかもしれません。


また、「活蔘28」もあんまり飲んでいると効かなくなったり、

依存症になったりしたら困るって、思うので控えています。(苦笑)


結局、身体的なものは、薬で治っても、

nodokaさんが言うように、ストレスや精神的な咳は、

なかなか治りが悪いのかもしれません。







この記事へのコメント

2013年02月10日 16:22
まだ咳で苦しんでらしたんですね・・・。
なんだかすごい名前のお薬が登場しました。
まるで何かの必殺技のような仰々しい名前。
これならとどめの一発をかましてくれそうです。
一日も早く喉がすっきりしますように・・・。
maruto
2013年02月10日 22:25
つかささん、今年の咳はなかなかしつこいです。
昨日今日は、休日なので咳もそんなに出ません。
2013年02月10日 23:26
これから中国の大気汚染や黄砂で
私も利用するかも
maruto
2013年02月10日 23:32
プタラーさん、まずはマスクをお勧めします。

この記事へのトラックバック