神社のはしご(富士山本宮浅間大社編)

3月1日に、「富士山本宮浅間大社」に参拝したばかりですが、3つの心残りがありました。

・富士山が見られなかった。
・桜の花が咲いている所を見たい。
・御朱印が欲しい。
(その時点では、御朱印集めをしようと思っていなかったんです)

そこで、「寒川神社」からの帰りに、ちょっと寄り道になりますが、再度訪れたというわけです。

画像


前回は曇っていて見えなかった富士山が、鳥居と並んでくっきり見えました。これでこそ「世界文化遺産」として、「『富士山-信仰の対象と芸術の源泉』の構成資産の一つ」として登録された所以がはっきりするというものです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


さすがに、主祭神が木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)なので、桜が御神木とされていて、境内には500本もの桜樹が奉納されているのだそうです。文字通り、いたるところで桜の花を楽しむことができました。

画像


右は「寒川神社」、左が「富士山本宮浅間大社」の御朱印です。妻が御朱印帳を忘れたため、神社で専用の用紙に書いていただいたのが、下になります。

朱印帳とそうでない用紙ではデザインが違ったり、書いてくださる人によって、文字の感じも異なるのが面白いなと思いました。新たな魅力の発見です。ますます集めたいという欲求が高まりました。(笑)

今回は、3つのことが全て達成できたので、大満足でした。これも「御利益」かも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年04月02日 21:11
なるほど、御朱印もなかなか味があるのですね。
書く人によって字体がここまで違うというのも驚きました(^^;
桜に神社は良く似合いますね。
maruto
2014年04月02日 22:10
つかささん、ますます御朱印集めが楽しくなりました。(単なるコレクター化!)

この記事へのトラックバック