静岡浅間神社に行ってきました。

富士山本宮浅間大社からのつながりというわけでもありませんが、今度は、静岡浅間神社(静岡市葵区〉に行ってきました。

画像


ここは、神部神社・浅間神社・大歳御祖神社(かんべじんじゃ・あさまじんじゃ・おおとしみおやじんじゃ)の三社が独立の神社として祭祀が行われていて、それを総じて通称「静岡浅間神社(しずおかせんげん じんじゃ)」というのだと分かりました。

単なる「冨士新宮」という浅間神社の一社ではありませんでした。

3つの神社が1箇所にまとまっているという感じで境内もこれまでの中でも一番広いのですが、他にも4つの神社があり、全部で「七社参り」となることも分かりました。

大学生の頃も含めて、ここには何度か訪れたことがあるのですが、改めて調べて、そしてじっくり見てみるとすごい神社だったんだなってことが分かりました。

7つの神社を紹介します。※解説文は、ウィキペディアより引用、抜粋。

画像


画像


画像


神部神社 (かんべじんじゃ)
祭神:大己貴命 (おおなむちのみこと) - 駿河国開拓の祖神
崇神天皇の時代(約2100年前)の鎮座と伝えられる。延喜式内小社で祈年の国幣に預った。国府が定められてからは国司崇敬の神社となり、平安時代より駿河国の総社とされた。
浅間神社 (あさまじんじゃ)
祭神:木之花咲耶姫命 (このはなのさくやひめのみこと)
全国にある浅間神社の一社。延喜元年(901年)、醍醐天皇の勅願により富士山本宮浅間大社より総社神部神社の隣に勧請され、以来冨士新宮として崇敬されてきた。

この2つの神社は、3枚目の写真のように拝殿の背後に本殿が並んでいるようです。拝殿は、「権現造り」というのか「浅間造り」というのか、彫刻も色彩も絢爛豪華という感じです。

画像


大歳御祖神社 (おおとしみおやじんじゃ)
祭神:大歳御祖命(おおとしみおやのみこと) - 倉稲魂神・大年神の母神で、神大市比売命を指す

画像


画像


麓山神社 (はやまじんじゃ)
祭神:主神に大山祇命、日本武尊を配祀
由緒は不詳ながら古来より賎機山山上に鎮座し、俗に山宮と称する。浅間神社の祭神・木之花咲耶姫命の父神を祀るので、その別宮とされ、従来四本社の一つに列し独立の神社であったが、明治12年7月22日郷社に列し、境内社となった。

山の神様を祀っているだけあって、100段以上の階段を上った先にありました。もちろん、手すりに頼らず根性で登りました。(ここを何往復もして、トレーニングをしている人も見られました)

画像


八千戈神社 (やちほこじんじゃ)
祭神:主神に八千戈命(大国主命)
徳川家康の念持仏であった摩利支天像を安置するために造営されたもので、摩利支天社と称し、徳川家をはじめ幕府が殊に崇敬を尽くし、社殿も本社に次いで造営され壮麗なものである。明治初年の神仏分離に際して、摩利支天は葵区大岩の臨済寺(今川家菩提寺)に遷され、八千戈神社となった。

勝負事の神様だと書いてあったので、「パチンコで勝てますように」と拝んでいたら、たまたま通りかかったボランティアの案内人(解説員)のおじさんが、「ギャンブルじゃなく、スポーツのように努力したうえでの勝利を願う場所なんだよ」と説明してくれました。まるで、marutoの心を読まれたようでした。顔に書いてあったんでしょうか。(笑)

画像


少彦名神社 (すくなひこなじんじゃ)
祭神:主神に少彦名命
もと神宮寺薬師社と称し、薬師如来・十二神将を安置していたが、明治維新に際して臨済寺に遷され少彦名神社となった。

画像


玉鉾神社 (たまほこじんじゃ)
祭神:羽倉東麿・岡部真淵・本居宣長・平田篤胤 - 国学の四大人
明治9年3月、静岡県内の神職が官許を得て創祀された神社。

写真からでは分かりにくいかもしれませんが、さすが徳川家康が、「大御所」として晩年を過ごした駿府だけあって、明治時代に建てられた玉鉾神社を除いては、どの建物も半端ないくらいのお金、労力、装飾が施されているという感じでした。主となる神社の本殿以外もこんなに豪華なものは、今まで見たことがありません。

さすが、「東海の日光」と言われるだけのことはあるなと思うと同時に、「徳川家恐るべし」と思いました。ここは、一見の価値があると思います。(静岡を訪れた際には、ぜひお寄りください)

画像


画像


神馬(叶え馬)、左甚五郎作と言われているそうです。「馬のように走ることができますように」とお願いしてきました。

画像


恒例の「御朱印」です。左は、「七社参り」で集めた御朱印(スタンプ)です。


画像


画像


余談ですが、境内?には、「賎機山古墳」も残されています。ここは、事前に静岡市の教育委員会に申請しないと中を見学することはできません。(多分)

とにかく、ここは重要文化財に指定されている数々の神社の建物もさることながら、古墳時代からのパワーに加え、江戸時代のパワーも感じられるすごいパワースポットだと言えるのではないかと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

awazo
2014年04月29日 11:42
静岡浅間神社は4.5年前の正月に家族で初詣に行きました。総合神社というかいくつも神社が集まっているんだよね。神頼みもお得感(笑)。子供の頃は山頂までリフトがあって乗った思い出があるけど。
maruto
2014年04月29日 22:07
awazo君、初詣は賑わっただろうね。
ただし、山頂までリフト(ロープウェイ)があるのは、久能山東照宮だよ。
maruto
2014年04月29日 23:34
awazo君の言う通り、調べてみたら「浅間山リフト」というものがありました。知らなかったよ。
昭和49年7月7日の七夕豪雨で壊れてしまったんだね。marutoは、田中屋の屋上の遊園地の思い出はあるんだけどね。(笑)
awazo
2014年04月30日 07:35
…でしょう。初詣の時にリフトのことを聞いたら「今はもうありません」ということだった。でも七夕豪雨(ちびまる子にも登場)で壊れたことが原因だったとは知らなかったよ。
maruto
2014年04月30日 22:02
awazo君、今はもう跡形もありませんという感じだよね。

この記事へのトラックバック