豊川に行ってきました2(豊川稲荷)

画像


もう一か所、豊川と言えば…

ということで、「豊川稲荷」に行ってきました。


境内の参道には鳥居が立っているし、お稲荷さんなので、「神社」だと思っていましたが…

正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)と言って、曹洞宗の寺院なんだそうです。

どおりで…「神社」とは違う、妙な違和感があったのです。(苦笑)

豊川稲荷の「稲荷」とは、境内の鎮守として祀られる吒枳尼天(だきにてん)のことだそうです。

吒枳尼天は、インドの古代民間信仰に由来する仏教の女神ですが、日本では稲荷信仰と習合し、稲荷神と同一視されるに至ったそうです。

画像


山門の両脇には、「キンモクセイ」と「ギンモクセイ」がいい香りを放っていました。

画像


この法堂には、本尊の千手観音が祀られているそうです。

画像


画像


画像


本殿の前には、狛犬ではなくやはり「狐」が。

ここに鎮守の稲荷(吒枳尼天)が祀られているのだそうです。

画像


ここにも「大黒様」が祀られていました。

「よこしまな我欲をもって祈願することなかれ」とありますが、ついつい出ちゃいますよね。

画像


「霊狐塚(れいこづか)」の入り口。

画像


こんな感じで、1,000体以上の狐の石像が安置されているそうです。

夕方以降に、一人では絶対に来たくないところです。(笑)

画像


奥の院です。この宝珠の図柄になんとなく心惹かれました。

画像


門前の商店街も賑わっていました。

駅前の駐車場に止めたのですが、ここで時間分のサービス券をもらえました。

画像


「砥鹿神社」と「豊川稲荷」でいただいた御朱印です。

「豊川稲荷」の方は、「豊川吒枳尼眞天」(とよかわだきにしんてん)と書かれています。


本当は、この御朱印帳は「神社」用なのですが、「稲荷」ということで良しとします。

御朱印帳を「寺」用と分けている人は、ご注意ください。


ちなみに、伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)はれっきとした神社です。

全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮だそうですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント