天開(てんかい)稲荷社≪九州周遊28≫

プタラーさんから太宰府天満宮に行ったら、「天開稲荷社」と「竃門(かまど)神社」がおススメですと紹介されたので、行ってみました。

「太宰府天満宮」に行ったのは、これが3度目でしたが、その奥にこんな場所があったとは知りませんでした。

スマホのグーグルナビで探しながら移動しました。

画像


画像


画像


画像


最終日の最後の最後にこんなに歩くとは(しかも坂道)、そしてこんなに汗をかくとは…というくらいでした。

「手水舎」の後で手を拭こうとタオルを持って行ったのが正解でした(笑)

画像


御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、別称は稲荷神。

鎌倉末期に京都の伏見稲荷大社からの御分霊を御遷したのだそうです。

さらに、この先の階段を上ったところに「奥の院」があるというので行ってきました。

画像


画像


石室の中に祀られていて、まさに「奥の院」、まさに「パワースポット」という感じがしました。

画像


太宰府天満宮から、天開稲荷社に向かう途中の階段でこんなものを見つけました。

この石の置き方は、「梅の花」ですね。


※御朱印をもらうところが分からなかったのですが、太宰府天満宮の社務所でいただけたようです。


この記事へのコメント

2015年12月07日 10:57
坂道をかなり歩かせたようですみません

ここは福岡随一のパワースポットだったので
marutoさんには是非行ってほしくて
オススメしました
maruto
2015年12月07日 17:45
プタラーさん、ありがとうございました。最後に更なるパワーを感じて帰りましたよ。
大宰府の楽しみ方が広がったと思いました。皆さんにも是非おすすめしたいです。