いま、ふたたびの…4

画像


お寺だけでなく、「春日大社」にも行ってきました。

春日大社の社伝によると、称徳天皇のとき(767年)、平城京鎮護のため、鹿島神宮の武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を春日大社の祭神に勧請したそうです。

この時、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)は白鹿に乗って御蓋山(三笠山)に来られたという伝説から、鹿を神鹿として保護敬愛したということです。

だから、春日大社の周辺(奈良公園や東大寺など)は、どこにも鹿がいるんだと納得しました。

東大寺側から、Googleマップで最短距離をたどっていったら、なんだかあっけない感じで社殿に着いて物足りなさを感じました。

だけど、帰り道で表参道の方を通ったら、「なんと長い(広い)ことか!」

って、思いました。

興福寺を出たちょっと先から、ずっと「参道」という感じでした。

画像


御朱印もいただいてきました。

当社では、平成30年に御創建1250年を迎えます。 これを記念し、御創建1250年奉祝特別御朱印をお頒ちいたします。 この御朱印は平成30年12月31日までの期間限定といたしております。

ということでした。

「記念」の御朱印をいただきたい方は、ぜひ今年中にお出掛けください。


この記事へのコメント