新潟行ってきました 後編

3日目は、早めに「蒼心」に行き、早めに店を出ました。(だから、安く上がった)


それは、「ぽんしゅ館」に行くためです。

これもホテルでもらったチケットがありました。

受付終了時刻が、午後8時15分までだったので、急いで行きました。


画像


この写真でどんなところか分るでしょうか?

画像


画像


ここは、「ぽんしゅ館」の「 利き酒番所」(口偏に利)です。

コインを投入することで、新潟県内の地酒を味見できるようになっています。


ホテルでもらった券では、コイン1枚分だけだったので(1つしか利き酒できない)、

500円で、5枚のコインを追加購入しました。


たくさんの酒造・銘柄がありすぎて、どれを選んでいいのかわからないので、

壁に貼ってある「人気ベスト10」なども参考にしました。


「こんな味を求めている…」と伝えれば、アドバイスももらえます。


marutoは、計6枚(6種類)の利き酒をしたのですが…

「おちょこが小さすぎて、分からない~」っていうのが素直な感想でした。

※0.1合あるのかっていうくらい


「利き酒」というより「飲む」という気持ちで行ったのが間違いだったのかも(苦笑)

これなら「蒼心」で、同じくらいの値段の日本酒をもう1合追加した方が良かったかも…

っていうのが正直な感想です。


「ぽんしゅ館」には、新潟の地酒やお米、味噌・醤油など新潟の特産品やお土産品がたくさんありました。

目的に合えば、いいポイントになるだろうなと思いました。

※新潟駅以外にも、主要な駅に「ぽんしゅ館」があるようです。


「ぽんしゅ館 新潟驛店」参照


余談ですが、9日(土)は、「関東地方に大雪」というニュースが流れました。

そこで、午前中の観光を取りやめて、早めに帰ることにしました。

結局、交通に大きな支障は出なかったようですが、新潟では見られなかった雪が、「東京」で見ることや体感することができたという「落ち」でした(笑)


今回感じたのは、静岡から新潟は、そんなに遠くないなということでした。

この記事へのコメント

awazo
2019年02月12日 08:25
これは利き酒自販機、傑作。
少ない過ぎて味がわからない。飲めば飲むほどわからなくなっていったり(笑)。
maruto
2019年02月12日 21:35
awazo君、利き酒というと内側に同心円が描かれているちょっと大きめの白いおちょこが浮かぶし、無料で結構味わえるという感覚があるので、「有料でこれだけ?」という気持ちが強くなったのかも(苦笑)