テーマ:神社・仏閣

滋賀に行ってきました⑤

延暦寺の後、坂本地区でお昼を食べた後(本家鶴喜そば本店)、西教寺へ向かいました。 「天台真盛宗総本山 西教寺」の本堂 ここは、明智光秀公と一族の菩提寺ということで、たくさんの墓石がありました。 2020年の大河ドラマが、明智光秀公を主人公とした「麒麟がくる」になることが発表されたということで、坂本の周辺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀に行ってきました④

続いて、東塔地域から西塔地域に向かいました。 その気になれば、徒歩でも向かえますが、西塔駐車場まで車で行きました。 「常行堂」と「法華堂」(にない堂) このように2つのお堂が渡り廊下でつながっているので、弁慶がこの渡り廊下をてんびん棒にしてかついだという伝説から、「弁慶のにない堂」と呼ばれているそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀に行ってきました③

勘のいいひとなら予想がついていたかもしれません… 滋賀でお寺巡りときたら、「延暦寺」ですよね。 というわけで、「延暦寺会館」に泊まって、2日目を迎えました。(夕食の精進料理。お酒は、OK!) 「比叡山延暦寺」って、修学旅行で行ったな…という記憶はありました。 しかし、marutoのイメージは、「根本中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀に行ってきました②

次に向かったのが、西国三十三所観音霊場の第14番札所がある「三井寺」(園城寺)です。 ここは、正式には長等山園城寺(ながらさんおんじょうじ)というのだそうですが、境内に天智・天武・持統の三天皇の御産湯に用いられたとされる霊泉(井戸)があることから、「御井(みい)の寺」と称され、後に「三井寺」と通称されるようになったのだそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀に行ってきました①

先週、琵琶湖のほとりに出掛けてきました。 まずは、西国第13番札所「石山寺」です。(奈良時代の後期に開山とか) さすが、西国の札所になっているだけあって、想像以上に広かったです。 門(東大門)も迫力というか、威厳を感じました。 「石山寺」というのは、本堂が国の天然記念物の珪灰石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま、ふたたびの…4

お寺だけでなく、「春日大社」にも行ってきました。 春日大社の社伝によると、称徳天皇のとき(767年)、平城京鎮護のため、鹿島神宮の武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を春日大社の祭神に勧請したそうです。 この時、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)は白鹿に乗って御蓋山(三笠山)に来られたという伝説から、鹿を神鹿として保護敬愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま、ふたたびの…3

今回は、東大寺です。 ここは、とにかく何もかもがでっかいと思いました。 それに、本堂の中での撮影もオッケーです! ここは、金網もなくガラスもなく、直に仏像を眺められて、しかも写真撮影オッケーだなんて! さすが、東大寺、開かれているな、太っ腹だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま、ふたたびの…2

奈良では、唐招提寺の他にもいくつかのお寺に行きました。 お寺では、「仏像」を見て(拝んで)来たのですが、それぞれの寺でその展示のしかた(見せ方)に違いがありました。 唐招提寺は、限られた間口の金網越しでした。 秋篠寺は、本堂の中に入って、薬師三尊像・地蔵菩薩立像・帝釈天立像・伎芸天立像・十二神将像などを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いま、ふたたびの…

先週末に奈良に行ってきました。 まずは、「唐招提寺」です。 ここは、高校の修学旅行で行った記憶があるのですが…(たぶん) 周辺の様子がずいぶん変わった気がしました。 境内は、この石碑以外そんなに変わっていないと思います。 ただ、高校生の頃は金堂、講堂辺りを眺めて、「ふ~ん」という感じだっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

安産のお礼参り

昨日、長女に可愛くて賢い子が産まれたお礼参りに、昨年3月に行った、 「産女観音」、正式名「産女山 正信院」(うぶめさん しょうしんいん)」に行ってきました。 雪がちらほら舞うような日でしたが、孫を初レジアスに乗せて行ってきました。 自分の子どもの時には、「お礼参り」という感覚ありませんでしたが、「孫」だとちがう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来宮神社、行ってきました。

日帰りで、熱海まで行ってきました。 神社好きなので、「来宮(きのみや)神社」に行きました。 3連休の中日ということもあってか、とてもたくさんの参拝者がいました。 駐車場もあるようですが、「満車」のため、駅の向かい側の有料駐車場まで戻りました。 参道の両脇が竹というのは、珍しいかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッツ「豪徳寺」(笑)

定例会恒例「夏合宿」で、世田谷区にある豪徳寺に行ってきました。 ここは、彦根藩主・井伊直孝が井伊氏の菩提寺として伽藍を創建し整備したのだそうです。 予想以上に、大きく(広いし)立派な境内でした。 三重塔や立派な香炉もありました。 秋になれば、紅葉も美しいだろうと思いました。落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医王山油山寺…おススメです!

菊川に泊まったので、足を延ばして袋井の「医王山油山寺」に行ってきました。 正式には、「医王山薬王院油山寺(いおうざんやくおういんゆさんじ)」(袋井市村松1番地) この山門は、元掛川城大手門で明治6年に城主太田備中守が寄進、移築されたものだそうです。 山門をくぐった参道。木に囲まれて、とてもいい雰…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

産女観音 (うぶめかんのん)に行ってきました。

長女の出産予定日を過ぎましたが、まだ産まれる気配もなく… 明日には、入院をして「陣痛促進剤」を使うことになっています。 母、子とも無事で「安産」になるようにと、駆け込み的ですが、 静岡市にある「産女観音」、正式名「産女山 正信院」(うぶめさん しょうしんいん)」に行ってきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲斐善光寺

甲斐にも善光寺があることを知っていましたか? 昨年は、信濃の善光寺に2度も行ったので、今年は、甲斐の善光寺に行ってみました。 雰囲気は、信濃の善光寺と同じような感じです。 ただ「山門」の手前が、「参道」という感じではなく、商店(土産物屋)も立ち並んでいませんでした。 こっちにも「善光寺そば」がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

’16 定例会の夏合宿6( 高尾三山)

ランチの後は、高尾三山めぐりです。 高尾三山というのは、神護寺・西明寺・高山寺です。 まずは、高山寺に向かいました。 marutoは、可愛らしい「善財童子(ぜんざいどうじ)」が気に入りました。 ここは、「鳥獣人物戯画」など、多くの文化財を所有しているところでもあるし、「日本最古の茶園」もあるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

’16 定例会の夏合宿3(宮島・厳島神社)

2日目は、JR西日本のフェリーに乗って宮島に向かいました。 確かに、前回乗ったフェリーよりも鳥居に近いところを通りました。 ここは、ポケモンが禁止されていません。多分…(笑) ポケストップがたくさんあるので、すぐに持ち物がいっぱいになるくらいでした。 さすが広島だけに、「コイキング」がたくさん出ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひょんなことから浅間神社めぐり(後編)

東口本宮冨士浅間神社を出た後、目的地に予定していた山中湖に向かいました。 目指したのは、「山中諏訪神社」です。 ここは、なんと道を隔てた向かい側に、「山中浅間神社」があり、赤い陸橋で結ばれていました。 古来から縁結・子授・子宝・安産・子育の御利益があると全国でも有名な神社らしいのですが、maruto的にはどちらの神社も…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひょんなことから浅間神社めぐり(前編)

GWにどこにも行かないのも…と思い立って、3日に山中湖・河口湖方面に出かけました。 「河口湖オルゴールの森」に行きたいと妻が言ったからです。 marutoは、その周辺にある神社を調べ、そちらを回りながらなら行ってもいいなと同意しました。(残念ながら、「オルゴール」に興味がないので) さすがに、GWの真っただ中…とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雲見浅間神社

今回の年末年始のキャンプで行った所で、心に残った場所をいくつか紹介していきます。 まずは、雲見浅間神社です。 ここは、予備知識もなくたまたまそこにあったから、しかも、1月1日だったので、「初詣になる」ということで行きました。※もともとは、「千貫門」に行く予定でした。 駐車場は、いっぱいで止めるところがなかったので、「千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天開(てんかい)稲荷社≪九州周遊28≫

プタラーさんから太宰府天満宮に行ったら、「天開稲荷社」と「竃門(かまど)神社」がおススメですと紹介されたので、行ってみました。 「太宰府天満宮」に行ったのは、これが3度目でしたが、その奥にこんな場所があったとは知りませんでした。 スマホのグーグルナビで探しながら移動しました。 最終日の最…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太宰府天満宮≪九州周遊27≫

いよいよ最後の目的地、「太宰府天満宮」です。 土曜日ということもありましたが、さすがに7日間で一番混んでいる場所でした。 心字池にかかる 三つの赤い橋を渡って境内に入ります。 「手水舎」の向こう側には、多くの動物(神獣?)の像がありました。 「鷽(うそ)」は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八幡総本宮 宇佐神宮≪九州周遊24≫

続いて、「宇佐神宮」に向かいました。 さすがに、全国に4万社あまりある八幡様の総本宮だけあって広い(たくさん歩く)予感がしました。 この橋「神橋(しんきょう)」を渡って、境内に入ります。 大きな鳥居をくぐった先に、立派な「手水舎」がありました。 ここから、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)≪九州周遊23≫

別府温泉保養ランドから向かったのは、熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)です。 登り口のすぐ近くに駐車場(無料)がありますが、そこまでにすれ違いが困難なかなり細い道を通るので大きめの車で行く場合は、下のトイレがある駐車場(無料)に停めた方が無難です。 拝観料は、200円です。 ここから約300mの上り坂です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天岩戸神社(東本宮)≪九州周遊20≫

「西本宮」だけでは、「片宮参り」になるということで、対岸にある「天岩戸神社(東本宮)」に向かいました。 ここは、車で行けます(数分)。すぐ手前に駐車場がありました。 「西本宮」と比べると参拝する人がぐんと少なくなる感じでした。 「西本宮」の駐車場には、警備員の方がいますが、こちらは周囲の店等の駐車場と兼ねていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天安河原(あまのやすかわら)宮≪九州周遊19≫

「天岩戸神社」から「天安河原(あまのやすかわら)宮」までは、徒歩で向かいます。 このような遊歩道となっています。 徒歩10分くらいですが、なかなかの運動量になります。 このように洞窟の中に神社がありました。 主祭神 思兼神(おもいかねのかみ) 八百萬神(やおよろずの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天岩戸神社(西本宮)≪九州周遊18≫

高千穂峡の後は、「天岩戸神社」に向かいました。 祭神 天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)【別称 大日霎尊(おおひるめのみこと)】 御神木 招霊(おがたま)の木:天細女命が岩屋戸の前で招霊(おがたま)の枝を手に持って踊ったと伝えられている。 拝殿 ここには、本殿がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高千穂神社・くしふる神社≪九州周遊16≫

5日目は、いよいよ高千穂に向かいました。 まずは、「高千穂神社」です。 御祭神 一之御殿(いちのごてん):高千穂皇神(たかちほすめがみ) 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)・木花開耶姫命(このはなさくやひめ)彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)・豊玉姫命(とよたまひめのみこと)鵜鵝草葦不合尊(うがやふきあえずのみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青島神社≪九州周遊14≫

鵜戸神宮から青島神社に向かいました。 この先の青島の中に、目指す「青島神社」があります。 島に渡る橋の周りというか、島の周りは、「鬼の洗濯岩」と呼ばれる形状のものがたくさん見られました。(国の天然記念物) 時刻は、4時を回っていたので、辺りはやや薄暗くなっていました。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵜戸神宮≪九州周遊13≫

桜島から宮崎県日南市にある「鵜戸神宮」に向かいました。 途中で見かけた道の駅「くにの松原おおさき」にある「あすぱる大崎」で昼食としました。 「黒豚とんかつ定食」(1200円) 「鵜戸神宮」は、よくある神社のように山の中にあるのではありません。 海岸端というか、日向灘に面した断崖の中腹に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more