下部温泉 かがみゆ (山梨県南巨摩郡身延町下部)

昨日も2月とは思えない暖かさで、お出かけ日和だったので、

妻のリクエストを受け入れて、下部温泉郷に行ってきました。


十分な下調べもなく、

「向こうに行ってから決めればいいよね」

と言って、現地に着いたら…

30軒以上の温泉宿がありました。


画像


「素足のふるさと」って、なかなかいい言葉です。(駅前の石碑)


そこで、駅前の観光案内所に行って、

「立ち寄り湯」が可能なところを尋ねてみると…

「下部ホテル」(1000円)

「下部温泉会館」(400円)

「かがみゆ」(1000円)

だと教えてくれました。


その中で「露天風呂」があるのが、「下部ホテル」と「かがみゆ」ということだったのですが、

「下部ホテル」は、午後3時までだということなので、「かがみゆ」に決めました。


画像


この看板が目印です。

下部温泉郷の入口に近い方です。


試しにこの先の温泉街も見に行ってみましたが…

「ひなびた温泉街(温泉宿)」という言葉がぴったりでした。

奥に行くほど道幅が狭くなり、片側交互通行がやっとでした。


画像


これが、外観です。

日帰り入浴料は、1000円です。(タオル等の貸し出しはなし)


気さくなご主人が出迎えてくれて、

「下部温泉は、湯温が低いので、1時間から1時間半くらい入るのがいいよ」

と教えてくれました。


画像



窓側が、ぬるめのお湯で手前が熱いお湯です。

窓の外には、下部温泉では初めて作られたという露天風呂があります。


露天風呂の最初の印象としては…

「こんなもの…?」(小さい)

っていうのが、正直な感想でしたが、

内湯(ぬるめの湯)よりも湯温が高めで、

時折吹く風が心地よかったです。


1時間も入っていられるのか?

って思っていましたが、

露天風呂でボォーッと過ごしている間に、時間がたっていました。(笑)


温泉好きなmarutoでも、

こんなぬるめの温泉(体温以下)は入ったことがありませんでしたが、

このくらいのお湯に長時間入っているのは、ありだな!って思いました。


ちなみに、「単純温泉」なので、「ぬる」っとした感触はなかったです。


湯上りのロビーでは、ご主人がコーヒーをごちそうしてくれました。

雰囲気的には、「山小屋?」っていう感じでした。

このへんが、「ふだん着のままのもてなし」っていうことなのだと思いました。(笑)


武田信玄の隠し湯といわれる下部温泉です。


気になった方は、「かがみゆのHP」をご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年02月02日 11:35
昨日の関東は、暖かですが風が強くて大変でした(^^;
何も決めずにふらっと温泉に行ける、というライフスタイルは憧れます。
うちだとまず、行く日を決めて場所を決めて、と事前準備をしないと動かない一家なので☆
お宿のご主人の普段着のおもてなし、ステキです♪
2009年02月02日 15:59
ご主人は普段着でしたか?(笑)
maruto
2009年02月02日 21:13
司さん、ふらっと普段着の旅をお勧めしますよ。maruto家は、その日に決まることが多いです。(笑)
maruto
2009年02月02日 21:15
プタラーさん、飾り気も商売っ気も感じられないくらいの普段着でした。(笑)
2009年02月03日 17:58
タオル等の貸し出しなしで1000円は高いなあ・・・・
温泉地によくある民宿のお風呂って感じでしょうか。
私は広い豪華なお風呂より、こじんまりとした風呂の方が落ち着きます。(貧乏性?)
maruto
2009年02月03日 21:08
nodokaさん、ご主人から経営が苦しいっていう話を聞いちゃったので、この値段でもいいかなって思いました。(笑)
junjjunjun
2009年02月08日 10:18
 温めのお湯で、熱かんひっかけながらの露天風呂の長湯はいかが?(笑)
maruto
2009年02月08日 21:54
junjjunjunさん、泊まりがけなら最高の温泉ですね。(笑)

この記事へのトラックバック