別府温泉保養ランド≪九州周遊22≫

6日目朝、せっかく別府に泊まったのだからと温泉に出かけることにしました。

画像


別府の町は、さすがに「温泉の街」だけあって、いたる所から湯けむりが上がっているという感じでした。

画像


目指したのは、「別府温泉保養ランド」(別府市明礬5組 紺屋地獄)です。

ここは、『るるぶ』に「特にこちらの湯はキメ細かく成分濃厚で、世界的にも類がないと温泉ツウが絶賛する」と書かれていたので、選びました。(入浴料1100円)

建物も温泉の雰囲気も「一昔(ふた昔かも)前」というたたずまいでした。

温泉は、「泥湯」がメインです。

内湯も露天もどちらも白濁しています。

この泥がいいのでしょうが、足の踏ん張りがきかないmarutoにとっては、ちょっと大変でした。

まず、風呂の中がどうなっているのか(段差等)見えないのが不安でした。

また、泥なので動き(歩き)にくさも増しました。

※以前は、もっと泥があったのだそうですが、だいぶ減ったということです。

ちなみに、露天は「混浴」なので、数人の女性も入っていました。(白濁した温泉なので、首までつかっちゃえば抵抗が少ないのでしょう)


marutoは、朝風呂派なので今回の旅行中もホテルで朝風呂(部屋のユニットですけどね)に入っていました。

この日だけは、「温泉に行くから」とホテルの朝風呂に入らず、朝一で出かけました。

が、ここではそれをちょっと後悔しました。

ここは、せっけんもシャンプーも使用不可なのです。

シャワーもありません。(ホースから水が出る感じの「シャワー」はありましたが…)


「温泉」目的だけならいいですが、頭や体も洗おうと思ったら、いくつかの温泉をはしごする中にここを組み込んだらいいのではないかと思いました。


画像


庭園からこのように湯けむりが噴出している様子も見られました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント