医王山油山寺…おススメです!

画像


菊川に泊まったので、足を延ばして袋井の「医王山油山寺」に行ってきました。

正式には、「医王山薬王院油山寺(いおうざんやくおういんゆさんじ)」(袋井市村松1番地)

画像


この山門は、元掛川城大手門で明治6年に城主太田備中守が寄進、移築されたものだそうです。

画像


山門をくぐった参道。木に囲まれて、とてもいい雰囲気です。

画像


ほぼ一山が、境内という感じ。

秋の紅葉時には、京都からも観光バスが来るとか…穴場かも。

画像


中庭

画像


目の守護、眼病平癒のお寺として有名らしく、

「め」(5円玉等)という額縁が多く奉納されていました。

画像


滝行も行われる「るりの滝」

画像


三重塔

画像


画像


薬師本堂。本堂内には、おびただしい絵馬がつるされていました。

画像


見どころがいっぱいで、写真もたくさん撮りましたが、このくらいにしておきます。

お弁当をもって、ピクニック気分で1日中過ごすのもいいかもしれません。


上のパンフレットにもありますが、「宝生殿 ごりやくめぐり」(拝観料300円)は、特におすすめです。

幕末の志士の書などもあり、ちょっとした博物館でした。

ちなみに、境内のトイレは年季が入っていますが、宝生殿は改修されたばかりなのでトイレもきれいでした(笑)


画像


現住職が受け付けて、書いてくれた御朱印。

ここの住職は、代々達筆のようです。


この記事へのコメント

プタラー
2017年05月14日 00:20
眼圧に御利益があれば良いですね
maruto
2017年05月14日 13:04
プタラーさん、目の病気と足腰にご利益があるというので、しっかり拝んできましたよ。