テーマ:九州周遊

九州周遊 まとめ≪九州周遊30≫

これが、今回の旅行の計画から旅行中にも使っていた「メモ」です。 金額等も記入してありますが、この7日間を予算通りの15万円でほぼ回ってこれたのではないかと思っています。(食費・土産代含む) 今回の相棒、 日産の「MOCO」です。 平均の燃費が、約20kmで、市街地はもちろん高速道路でもきびきびと走ってく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梅ケ枝餅と言ったら、お石(おいし)茶屋≪九州周遊29≫

marutoの世代は(少なくともmarutoは)、「太宰府天満宮」のことをさだまさしの「飛梅」で強烈に印象付けられました。 だから、「心字池にかかる 三つの赤い橋は 一つ目が過去で 二つ目が現在…」 という歌詞通りの赤い橋(太鼓橋)を渡ったときは、感動を覚えました。 そして、境内の「飛梅」を見て、これか!って思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天開(てんかい)稲荷社≪九州周遊28≫

プタラーさんから太宰府天満宮に行ったら、「天開稲荷社」と「竃門(かまど)神社」がおススメですと紹介されたので、行ってみました。 「太宰府天満宮」に行ったのは、これが3度目でしたが、その奥にこんな場所があったとは知りませんでした。 スマホのグーグルナビで探しながら移動しました。 最終日の最…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太宰府天満宮≪九州周遊27≫

いよいよ最後の目的地、「太宰府天満宮」です。 土曜日ということもありましたが、さすがに7日間で一番混んでいる場所でした。 心字池にかかる 三つの赤い橋を渡って境内に入ります。 「手水舎」の向こう側には、多くの動物(神獣?)の像がありました。 「鷽(うそ)」は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

黒田家ゆかりの小京都 秋月≪九州周遊26≫

いよいよ九州旅行の最終日です。 「太宰府」に行くことは、事前に決めてありましたが、他は未定でした。 前夜『るるぶ』をみていたら、「黒田家ゆかりの小京都 秋月」というのがあり、距離的にもちょうど良い感じだったので、午前中の目的地としました。 とりあえず、「秋月城跡」に向かいました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一蘭本社 総本店≪九州周遊25≫

九州旅行の最終日(6日)は、博多に泊まりました。 ホテルを出た先は、このようなアーケードになっていて、飲食店もたくさんありました。 博多ということで、「もつ鍋」も考えましたが、先日のブログにも書きましたが、まだ腹の調子が良くなかったので、「ラーメン」にすることにしました。 スマホで検索すると歩いて10分以内のと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

八幡総本宮 宇佐神宮≪九州周遊24≫

続いて、「宇佐神宮」に向かいました。 さすがに、全国に4万社あまりある八幡様の総本宮だけあって広い(たくさん歩く)予感がしました。 この橋「神橋(しんきょう)」を渡って、境内に入ります。 大きな鳥居をくぐった先に、立派な「手水舎」がありました。 ここから、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)≪九州周遊23≫

別府温泉保養ランドから向かったのは、熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)です。 登り口のすぐ近くに駐車場(無料)がありますが、そこまでにすれ違いが困難なかなり細い道を通るので大きめの車で行く場合は、下のトイレがある駐車場(無料)に停めた方が無難です。 拝観料は、200円です。 ここから約300mの上り坂です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別府温泉保養ランド≪九州周遊22≫

6日目朝、せっかく別府に泊まったのだからと温泉に出かけることにしました。 別府の町は、さすがに「温泉の街」だけあって、いたる所から湯けむりが上がっているという感じでした。 目指したのは、「別府温泉保養ランド」(別府市明礬5組 紺屋地獄)です。 ここは、『るるぶ』に「特にこちらの湯はキメ細かく成分濃厚で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶房 信濃屋のだんご汁≪九州周遊21≫

5日目は、宮崎から大分まで行き、「別府」に泊まりました。 身体というか胃腸が疲れているようで、多少下痢気味になっていたので、お腹に優しそうな「だんご汁」のお店を『るるぶ』で見つけました。 幸い泊まったホテルから歩いて行けるところにありました。 「茶房 信濃屋」です。 一瞬、入るのを躊躇してしまうよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天岩戸神社(東本宮)≪九州周遊20≫

「西本宮」だけでは、「片宮参り」になるということで、対岸にある「天岩戸神社(東本宮)」に向かいました。 ここは、車で行けます(数分)。すぐ手前に駐車場がありました。 「西本宮」と比べると参拝する人がぐんと少なくなる感じでした。 「西本宮」の駐車場には、警備員の方がいますが、こちらは周囲の店等の駐車場と兼ねていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天安河原(あまのやすかわら)宮≪九州周遊19≫

「天岩戸神社」から「天安河原(あまのやすかわら)宮」までは、徒歩で向かいます。 このような遊歩道となっています。 徒歩10分くらいですが、なかなかの運動量になります。 このように洞窟の中に神社がありました。 主祭神 思兼神(おもいかねのかみ) 八百萬神(やおよろずの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天岩戸神社(西本宮)≪九州周遊18≫

高千穂峡の後は、「天岩戸神社」に向かいました。 祭神 天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)【別称 大日霎尊(おおひるめのみこと)】 御神木 招霊(おがたま)の木:天細女命が岩屋戸の前で招霊(おがたま)の枝を手に持って踊ったと伝えられている。 拝殿 ここには、本殿がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高千穂峡≪九州周遊17≫

神社だけでなく、観光スポットとして有名な「高千穂峡」にも行ってきました。 ちなみに、駐車場は500円でした。(運よく、一番近くの「御塩井駐車場」に停められました) これが、一番有名だと思われる「真名井の滝(まないのたき)」です。 橋の上からと遊歩道を進んで、橋の方を写してみました。 貸しボ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高千穂神社・くしふる神社≪九州周遊16≫

5日目は、いよいよ高千穂に向かいました。 まずは、「高千穂神社」です。 御祭神 一之御殿(いちのごてん):高千穂皇神(たかちほすめがみ) 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)・木花開耶姫命(このはなさくやひめ)彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)・豊玉姫命(とよたまひめのみこと)鵜鵝草葦不合尊(うがやふきあえずのみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎に行ったらチキン南蛮じゃなきゃ地鶏炭火焼だよね。≪九州周遊15≫

4日目の夜は、宮崎に泊まりました。 目指すは、『るるぶ』で見た「チキン南蛮」元祖の店という「おぐら本店」です。 今回のホテルもその近くにとりました。 地図とスマホを片手にようやく探し当てたところ、「定休日」il||li _| ̄|○ il||li それではと、「おぐら」で腕を振るっていたというマスターの店「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青島神社≪九州周遊14≫

鵜戸神宮から青島神社に向かいました。 この先の青島の中に、目指す「青島神社」があります。 島に渡る橋の周りというか、島の周りは、「鬼の洗濯岩」と呼ばれる形状のものがたくさん見られました。(国の天然記念物) 時刻は、4時を回っていたので、辺りはやや薄暗くなっていました。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵜戸神宮≪九州周遊13≫

桜島から宮崎県日南市にある「鵜戸神宮」に向かいました。 途中で見かけた道の駅「くにの松原おおさき」にある「あすぱる大崎」で昼食としました。 「黒豚とんかつ定食」(1200円) 「鵜戸神宮」は、よくある神社のように山の中にあるのではありません。 海岸端というか、日向灘に面した断崖の中腹に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜島≪九州周遊12≫

九州旅行4日目、フェリーで桜島に向かいました。 今まで乗ったフェリーと違うのは、「乗船券」を買うタイミングが分からないということでした。 出港まで、ずっと車の中で待機でした。 そのまま、フェリーに乗り、降りた時にもターミナルで払うわけではありませんでした。 結局、有料道路のような「料金所」があり、そこで払…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天文館グルメナビ≪九州周遊11≫

鹿児島での夕食は、「屋台村」でと考えていました。 しかし、それがあるのは「鹿児島中央駅」周辺でした。 天文館周辺から、歩いても20~30分、電車やバスを使っても手軽に行ける距離ではありました。 が、それも面倒なので、天文館周辺で探すことにしました。 その時に役に立ったのが、ホテルのロビーにあった「天文館グルメ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

指宿 砂むし会館 砂楽(さらく)≪九州周遊10≫

知覧からの帰り道、指宿に寄りました。 一度は体験してみたいと思っていた「砂むし」です。 天然砂むし温泉「砂楽」に行きました。 入浴料は、バスタオルを借りフェイスタオルを買って、合わせて1400円でした。 ビジネスホテルに泊まるので、バスタオルやフェイスタオルを1枚も持っていかなかったので、ここで買ったフェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知覧武家屋敷 高城庵(たきあん)≪九州周遊9≫

知覧武家屋敷内の「旧高城家住宅」(ここは、無料公開)を見学していたところ、こんなお店が目に入りました。 店主の生まれ育った家をそのまま開放しており郷土料理を主に、藩政時代からのお膳で出しているという「高城庵(たきあん)」です。 ちょうどお昼時だったし、「郷土料理」を食べることも今回の旅の目的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知覧武家屋敷庭園≪九州周遊8≫

知覧というと「特攻隊」というイメージしかなく、このような場所があることを知りませんでした。(知覧かった)  母ヶ岳の優雅な姿を取り入れて,麓一帯を庭園化した美しい町並みで,古来「薩摩の小京都」とたたえられている。 武家屋敷群の18.6haが昭和56年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され,7庭園は国の「名勝」に指定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知覧特攻平和会館≪九州周遊7≫

九州旅行3日目、鹿児島に行ったらやはりここは外せないだろうということで、「知覧特攻平和会館」に行きました。  この知覧特攻平和会館は、第二次世界大戦末期の沖縄戦において特攻という人類史上類のない作戦で、爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たり攻撃をした陸軍特別攻撃隊員の遺品や関係資料を展示しています。  私たちは、特攻隊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おはら祭≪九州周遊6≫

11月2、3日と鹿児島の天文館近くのホテルに泊まりました。 そうしたら、ちょうど天文館電車通りで「おはら祭」が開催されているということでした。 「おはら祭」は、昭和24年に市制施行60周年を記念して始まり、南九州最大の祭りとして発展してきているそうです。 marutoは、「へぇ、知らなかった!」というの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙巌園(磯庭園)≪九州周遊5≫

霧島神宮・丸尾滝から、仙巌園(せんがんえん)に向かいました。 仙巌園は、万治元(1658)年、19代島津光久によって築かれた別邸です。錦江湾や桜島を庭園の景観にとりいれた、雄大な景色が仙巌園の最大の魅力です。幕末の名君、28代島津斉彬がこよなく愛し、徳川将軍家に嫁いだ篤姫も足を運びました。  また、南の玄関口といわれた薩摩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧島神宮・丸尾滝≪九州周遊4≫

熊本から、約3時間かけて「霧島神宮」に到着しました。 ※九州自動車道で事故があったらしく「松橋」で通行止めでした。 ここは、標高も高く緑深い山の中にあり、天孫降臨の地と言われるだけあって、さすがに荘厳な雰囲気だと感じました。 この神社の祭神は、他の神社に比べて多いです。 主祭神 天饒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くまBAR≪九州周遊3≫

marutoは、4年ほど前に熊本に行ってから、「くまモン」のファンです。 その時に、鶴屋百貨店で買った「くまモン」のワンポイントの刺繍が入った帽子を今でも愛用しています。 それと同じものを探しているのですが、ネットで検索しても見つかりませんでした。 そこで、鶴屋百貨店の近くにホテルをとったのですが、到着したのが午後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島原城≪九州周遊2≫

島原の乱で有名な島原城です。 うっかり誤解していましたが、ここは藩主の城で、天草四郎など一揆軍が立てこもったのは、「原城」という別の城だったようです。 周囲で駐車場を探しましたが、城内にありました。(320円) こうした鎧などは、撮影用に貸してくれるようでした。 ちなみに、入館料は540円…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雲仙地獄≪九州周遊1≫

福岡空港でレンタカーを借り、3時間かけてたどり着きました。 この辺りは、日本初の国立公園(雲仙天草国立公園)だそうです。 道路のすぐ脇から噴煙が立ち上っていて、時々道路上も真っ白な煙で包まれるほどでした。 小雨が降る中、硫黄のにおいが立ち込める中、遊歩道を歩きました(決して平坦で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more